刺青とヒョウモンダコの関連性

時代と共に変わるタトゥーのある女のイメージ

タトゥーのある女は外国の映画にはよく出てきます。外国の女性のタトゥーはとてもカッコよく感じます。

スクリーンの中なので、演出やカメラアングルなどが上手くてカッコよく撮れるのかも知れません。
でも一般的なイメージとして外国の女性のタトゥーはイケテル印象があります。

とてもナチュラルでセンスがよくてある種の精神的な強さや人生に対するポジティブなこだわりを感じることもあります。

一方で日本でタトゥーのある女というと、年配の人は昔の仁侠映画に出てくる、背中の緋牡丹の刺青を思い浮かべる人がいるかも知れません。

年配の人にとってはなつかしいですが、若い人にとって緋牡丹の刺青は馴染みがなく、違和感もあるでしょう。

つまりタトゥーと刺青とは、時代背景や文化がまるで異なるので別物と考えたほうがよいのではないでしょうか。
刺青というと日本ではどうしても昔の裏社会のイメージを持つ人もいます。

でも現代のタトゥーには全く別の見方や価値観があるといえるでしょう。

ファッションとしてワンポイント的なタトゥーのある女なら可愛らしく見えることもあります。

現代のタトゥーはその女性のセンスや生き方のポリシーなどの表現手段の1つということもできます。

世界的な視野で見ると、タトゥーのある女は別に何の違和感もないし、ごく普通で自然に感じられます。

今後は日本社会でも、タトゥーのある女は徐々に受け入れられていくに間違いないでしょう。

風俗遊びは安全を第一に

既婚、未婚と問わず風俗遊びは興味をそそられるものであるし、ハマればやめられなくなるものです。それは結婚してれば奥さんとSEXはまぁ、普通に性生活がある場合はいつでもできます。それでも興味をそそったり、遊びに行くのをやめられないのはなぜでしょう。

やはり性欲という動物の3大欲求の一つを満たしてくれるのと共に、誰にも言えない秘密の性癖を楽しめることでしょう。特にディープなマニアック系は。また、パートナーとは違う非日常を求めてということもあるでしょう。
しかし既婚なら奥さんや恋人バレは怖いですから、その面では絶対証拠を残さないことでしょう。メンバーズカードをスーツや財布に入れておきっぱなしでは、何かの機会に見られてしまうこともあると思います。やはりそういったカード類は遊びに行くときだけ持つようにして、隠しておくことも大事です。
そして風俗遊びのリスクとして大きいのが、病気をもらってしまうことでしょう。近頃は性感染症が静かに流行っているので、そのリスクは常につきまといます。
やはり遊ぶにはきちんと性感染症の検査を女の子にしている信用あるお店を選ぶべきでしょう。または、本番のあるソープでは生サービスの所は残念だけど避けるとかとにかく「リスク回避」をするしかないです。
ましてや、それらのない裏風俗はリスクを承知で遊ぶしかないでしょう。
このことはどうしようもないリスクと考えがちですが、自分の身は自分で守るしかないのです。軽い尿道炎でも医者にかからなければ絶対治りません。パートナーバレと病気のリスクは避けて遊ぶのがスマートな遊び方ではないでしょうか。

タトゥー風俗|池袋衝撃の裸体